新型コロナ罹患しました① 陽性判明まで

未分類
この記事は約5分で読めます。

新型コロナに感染した生の情報を綴りたいと思う。

ポッドキャストでもコロナ感染のエピソードをつくったので暇な人は聞いて欲しい。

こんな辺境のブログを読む人に忙しい人はいないと思う。ありがとう。

8日間発熱

39.1℃まで上昇

定型文から入ると、「まさか自分が感染するとは」。

まさかの陽性

2021年8月25日から発熱し、高いときは39.1℃まで上昇。発熱している間は食事もあまり取れず、ほとんど寝て過ごす。9月3日にようやく平熱に下がり、9月5日まで外出制限

オキシメーターによる酸素飽和度は97%より下がることはなく、肺炎の症状は無かった。

9月6日から日常生活に復帰し、仕事をするが、全身の倦怠感が抜けない元気が無い

始まりは子供の発熱

子供のコロナ検査は行わず

2021年8月20日、子供(男の子 小学校1年生)が発熱。学校は夏休み中。

小児科に連れていったところPCR検査等は行わず、通常の風邪の扱い

後から考えれば、このとき新型コロナ陽性の可能性があるが、子供はよく熱を出す。いちいちコロナ検査をしていたら追いつかないのかもしれない。

親としても、このときはコロナなんて疑ってない。特に疑問は持たなかった。

数日後に母親(いしはら妻)が発熱

母親(いしはら妻)が発熱

子供が発熱してから数日後に母親(いしはら妻)が発熱。

2021年8月24日。

病院に電話すると、診察してくれるとのこと。駐車場に到着して電話をすると、その車内に居るままPCR検査。唾液検査。結果は翌日の午前中に知らせるとのこと。

この時点では、コロナじゃなくて、ただのかぜと考えていた。

妻がコロナ陽性

病院から陽性の連絡

翌日の午前中に病院から電話着信。(2021年8月25日)

「コロナ陽性でした。保健所から指示が入ります」

夫婦で青ざめる。「筆者と家族(子供3人)は多分濃厚接触者、どうなるんだろう」と。妻は荷造りを始める。入院の準備。ちょっと待て、俺たちを置いて行くのか

家族全員入院なんてことになったらどうなってしまうのか。5人部屋に家族一緒に入れてもらえるのか?

思考が追いつかない。落ち着かない気持ちで保健所からの指示を待つ

自宅療養の指示

保健所から電話が入り、妻は症状が発熱だけなので自宅療養をするようにとの指示。

また、家族全員濃厚接触者だから、全員自宅待機せよとの事。PCR検査を保健所が手配するのでしばし待てとの指示。

いしはらも発熱

妻の発熱の翌日

妻の陽性が判明してすぐに仕事を休む手配を行う。

やがていしはらも発熱が始まってしまう。(2021年8月25日夕方)妻の陽性判明日。

体温は37.1℃。妻が陽性だと判明した直後だったので、自分もコロナだなと覚悟。

家族でPCR検査

翌日保健所から着信。この病院に行くようにとの指示。

妻以外の家族全員(いしはら・長女小6・次女小3・長男小1)でPCR検査を受けに行く。

ここでも車の中で窓越しに防護服姿の医師が検査。

こんな感じでした。 画像引用元:日本経済新聞2020年5月8日 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58878430Y0A500C2LA0000/

鼻から綿棒の長いやつを突っ込んでゴシゴシされる。先に検査した子どものを見ていると、30cm位ある綿棒が鼻からほとんど突っ込まれてる。マジか?

自分も突っ込まれた。綿棒の先が喉まで来ている感覚がある。なにこれ気持ち悪い。脳みそをほじくられそう。

綿棒を突っ込まれたあと、1万円を要求される。そのまま車で待っていると、お釣りと薬を車まで持ってきてくれた。お釣りが5千円以上あったので、費用は4千円強。たぶんほとんど薬代。検査は公費負担らしい。

結局病院では車を降りなかった。完全ドライブスルー

病院の予約が公式ライン

話が前後する。

検査の予約自体は自分で取る必要がある。

保健所に伝えられた病院名を検索すると、公式ラインで予約できるとある。

公式ラインでの病院とのやりとり

早速使ってみたが、この仕組は有能。病院に電話することなく予約が取れる。

電話するのってストレス。「むちゃくちゃ無愛想な人が出たらどうしよう…」とか心配しちゃう。電話する前からプレッシャー。

その点、チャットでのやり取りはプレッシャーなし。

暴言とか証拠が残っちゃうからできない。お互いに感情がフラット。なにもかもチャットで良いよ。

チャットバンザイ

問診票のようなものも、WEBで完結。これ便利。

問診票のようなものも

薬の種類

検査をしてくれた医師が「コロナ陽性で自宅療養になったら、外に出られないから薬を出しておくよ」と処方してくれた。

優しい。有料だけど。

ツムラ補中益気湯(ホチュウエッキトウ)エキス顆粒

画像引用元:コチラ

消化を助け、体力を回復させる。第二類医薬品なので、市販されている。漢方薬

カロナール

解熱鎮痛効果。要するに市販薬のナロン錠

画像転用元:大正製薬

アスベリン

咳を抑え、痰を排泄させやすくする。処方専用で市販薬は無い。

カルボシステイン

たんや鼻汁を出しやすくし、鼻づまりをやわらげる。

市販薬もある。見たこと無い

画像引用元:コチラ

これらの薬を出してくれたことは非常に心強かった

病院でのPCR検査の際には、薬の処方を合わせてお願いしてみるのをおすすめ。

外出できないから。

新型コロナ罹患しました② 保健所からの連絡・通知に続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました