暴力追放対策協議会の暴力団ミニ講座が暴力団に詳しすぎて戦慄した

未分類
この記事は約6分で読めます。

北野武監督作品のアウトレイジシリーズが好きだ。ヤクザのバイオレンスアクションである。

created by Rinker
¥3,135 (2024/07/14 12:56:57時点 楽天市場調べ-詳細)

アウトレイジを見ていて、ヤクザの義兄弟の関係が気になった。ヤクザの義兄弟がお互いを「兄弟」と対等の立場で呼び合う場合と、「兄貴」「弟分」のように上下関係の中で呼び合う場合が有る。「兄弟」と呼び合う場合はお互いタメ口で話し対等関係で有ることが伺える。一方「兄貴」「弟分」の関係は対等ではない。「兄貴」の方が上の立場ということだろう。なぜ対等な兄弟や上下関係の兄弟があるのか。

アウトレイジ一作目で具体例を見てみよう。石橋蓮司演ずる村瀬組組長の村瀬という男が居る。

村瀬組組長 村瀬

國村隼演ずる池元組組長の池元という男が居る。

池元組組長 池元

この二人、村瀬と池元は映画の役の中でお互いを「兄弟」と呼び合っている。「よう兄弟」と呼びかけ合い、お互いため口で話す。どちらが兄とか弟という感じはない。対等関係という雰囲気だ。

二人は映画の中で(もちろん現実世界でも)血の繋がりはない。兄弟関係ではない。義兄弟と呼ばれる関係にある。

そもそも義兄弟とはどういうことなのか。なにか手続きを行うと義兄弟となるのか。インターネットで調べると「兄弟盃」という項目がヒットした。

「兄弟盃」を交わすと義兄弟になるそうだ。そして義兄弟には種類が有るようだ。アウトレイジの村瀬と池元は「五分の兄弟」というモノに当てはまりそうだ。暴力団ミニ講座の説明が詳しい。

●五分の兄弟
最狭義の兄弟分のことで、上下関係なしの対等な関係にある兄弟分です。お互いに「兄弟、兄弟」と呼び合います。
往時、この盃事では、盃を中央におき紙で樋を2つ作り、この樋で同時にお神酒を飲んだと言われ、それに由来して「飲み分けの兄弟」ともいいます。昨今では、盃を2個用い交盃します。

暴力団ミニ講座

暴力団ミニ講座には上下のある兄弟関係についても説明があった。兄弟関係には「五分の兄弟」以外にも「五厘下りの兄弟」「四分六の兄弟」「七三の兄弟、二分八の兄弟」の説明があった。

●五厘下りの兄弟

五分の兄弟と四分六の兄弟の中間で4分5厘と5分5厘の関係にある兄弟のことです。
両者の間はごく僅かの差で、座布団1枚をゆずる程度の差といわれています。
本来であれば、五分同士であるが、何らかの事情で一方が遠慮して5厘だけ下り、その5厘を仲人に一時的に預け、仲人は後日機会をみて盃を改め五分の兄弟にするとされています。

暴力団ミニ講座

五厘下がりの兄弟は兄と弟に座布団1枚をゆずる程度の差があるとされている。めったに座布団を使用しないため、座布団をゆずるというのがどの程度の敬意を示すのかは分からなかったが、とにかくごく僅かな差らしい。

アウトレイジビヨンドでもう一組の兄弟を見てみる。ビートたけしが演じる「大友」と、中野英雄が演じる木村の二人である。

大友(左)木村(中)

この二人も義兄弟なのだが、先程の対等な兄弟とは様子が違っている。大友(ビートたけし)は木村(中野英雄)を呼ぶときに「木村」と呼び捨てする。一方木村は大友を「兄貴」と呼ぶ。

大友(ビートたけし)が兄であり、木村(中野英雄)が弟の立場であることを伺わせる。

彼らの関係は以下の「四分六の兄弟」「七三の兄弟、二分八の兄弟」のいずれかになりそうだ。これもやはり暴力団ミニ講座から引用する。

●四分六の兄弟

兄分が6分、弟分が4分の差を持つ兄弟分です。兄分は弟分を「兄弟」と呼び、弟分は兄分を「兄貴」と呼びます。なお昨今では兄分が弟分を「舎弟」と呼ぶのが普通のようです。
盃事では、1個の盃に満たしたお神酒を兄分が6分まで飲み、残りを弟分に下げます。

暴力団ミニ講座

●七三の兄弟、二分八の兄弟

兄分と弟分の差がそれぞれ7分3分と8分2分の関係にある兄弟分です。
盃事においては、盃に満たしたお神酒を、七三の兄弟の場合は兄分が7分まで、二分八の兄弟の場合は兄分が8分まで飲み、弟分に下げます。
二分八の兄弟の場合は、兄弟というよりむしろ弟分は子分に近い関係であるため、兄分を「オヤジサン」と呼ぶこともあります。

暴力団ミニ講座

そもそも兄弟盃とは何なのか。暴力団ミニ講座の盃事(さかづきごと)という項目に答えがありそうだ。暴力団組織は擬制の血縁関係で結ばれているのが特色らしい。そしてその身分関係を成立させるのが「盃事」という儀式だそうだ。暴力団ミニ講座から引用する。

暴力団の組織構造については、別項で既に説明したところですが、暴力団組織の特色は、擬制の血縁関係で結ばれているということです。

この身分関係を成立させるものが、「盃事」あるいは「盃式」「交盃」とか「結縁」「縁組み」と呼ばれる儀式です。

暴力団ミニ講座 7) 盃事(さかづきごと)、親子盃

盃とはお酒を飲むときに使用する器のことであろう。なぜ器と儀式が関係有るのか。やはり暴力団ミニ講座に答えがあった。

もともと、我が国においては、約束事を固めるのに盃を取り交わす風習があります。例えば、婚礼儀式で三三九度の盃を取り交わして夫婦の契を結ぶことなどはその代表例と言えると思いますが、それ以外の約束事の固めにもしばしば盃事が行われています。

暴力団ミニ講座 7) 盃事(さかづきごと)、親子盃

ワタシは妻と結婚する際に神前結婚式を行った。↓こんな感じだった。

青島神社

写真は青島神社さんのサイトからお借りした。念のために断っておくが↑これはワタシでは無い。ただ、ワタシの結婚式もこういう感じだった。平べったい器で謎のお酒を飲んだ。日本では重要な約束事では盃を交わす風習があるようだ。

ところでさっきから引用しまくっている「暴力団ミニ講座」は暴力団に詳しい。トップページでは盃事の他にも、「断指」「みかじめ料」「刺青」「覚せい剤」「賭博」など物騒な単語が並ぶ。

暴力団ミニ講座トップページ

教授のような格好をした鳥のキャラクターが気になる。

暴力団ミニ講座のキャラクター

気になるのだが、このキャラクターに関する説明は一切ない。

暴力団ミニ講座が暴力団に詳しすぎることに戦慄してしまう。「これは確実にその筋の人が運営しているサイトでしょう」という疑いを持ってしまう。こんなにヤクザに詳しいサイトを誰が運営しているのか確認する。

なんという事だろう。運営者はヤクザではなかった。松江地区建設業暴力追放対策協議会というところがサイトを運営していた。

暴力追放対策協議会である。つまりヤクザを追放しようという団体である。「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という事だろうか。それにしても詳しすぎる。これはもう愛と呼べるのではないだろうか。

最後に暴力団ミニ講座から「隠語」の一部を引用する。これも詳しすぎる。

・キスグレ→泥酔(キス→酒、グレ→与太者)
・ナマバコ→金庫(ナマ→現金、ハコ→箱、庫)
・ヨウゲソ→靴(ヨウ→洋、ゲソ→履物)

暴力団ミニ講座 隠語

すみません、ワタシには泥酔や金庫や靴を隠語で呼ぶ必要がないです。ヤクザの世界では金庫や靴という単語も軽々しく口にできない理由があるのだろうか。謎が謎を呼んでしまう。暴力団ミニ講座は全然ミニじゃない。インターネットの世界は広い。