コスパ重視でPodcastの収録機器を揃える

機材
この記事は約6分で読めます。
リスナーの<br>りすなさん
リスナーの
りすなさん

マイクミキサーを買ったんだよね?

いしはら
いしはら

ミキサー兼レコーダーの

ZOOM PADTRAK P4を買ったよ!

りすなさん
りすなさん

それだけじゃ録音できないって

言ってなかった?

いしはら
いしはら

他の機材を

コスパ重視で選んだよ!

りすなさん
りすなさん

安物買いの銭失いって言うけど

大丈夫?

Podcastをコスパ最重視で始めるための機材の紹介をします。いしはらが実際に購入したものです。どれもコスト最重視で選択しました。安物ばかりですが、それなりに使えます。

コスパ重視でPodcastをしたい

以前の投稿でPodcastを録音するための、ミキサー兼レコーダーとしてZOOM PADTRAK P4を購入したことをお伝えしました。

録音に必要な道具たち

録音するにはこれ以外にも最低限必要なものがあります。

  • マイク
  • マイクスタンド
  • ヘッドホン
  • ポップガード

コスパ重視

これらをコスパ最重視で選びました。

いしはら
いしはら

Podcast始めても

すぐ辞めちゃったりして!

いしはら
いしはら

相方の木村さんの分も

用意しなくちゃね

続けない可能性

Podcastを始めても、すぐに辞めてしまう可能性もあるからです。また、ふたりでの対話形式のPodcastですので、全て2個づつ必要です。そのためにもコスパを重視しました。

コスパというよりも絶対的な価格を重視と言ったほうが正確です。

マイク

マイク
CUSTOMTRY ダイナミックマイク CM-2000-XLR

CUSTOMTRY ダイナミックマイク CM-2000-XLR

ケーブル付き税込み2,200円

マイクにはCUSTOMTRY ダイナミックマイク CM-2000-XLRというものを選びました。アマゾンでケーブル付きで2,200円でした。

XLRが条件

マイク端子
ZOOM PADTRAK P4のマイク端子 XLR端子が4つ並びます

録音用ミキサーZOOM PADTRAK P4のマイク端子がXLR端子です。

そのため、マイクもXLR端子につなげるものを選ぶ必要があります。

ケーブル付きが決め手

この商品「CUSTOMTRY ダイナミックマイク CM-2000-XLR」はダイナミックマイクにXLRケーブルも付いてこの価格だったので、これに決めました。XLRケーブル単体でも同じくらいの値段がします。

音質はぼちぼち?

マイクとケーブル
5メートルのXRKケーブルが付属する

この価格帯で、XRLケーブル付きというのは他に見当たりませんでした。

品質ですが、音質はぼちぼちだと思います。他と比べていませんのでなんとも言えませんが。

ケーブルが断線

5メートルのケーブルが付属します。ケーブルは一度断線しました。ケーブルの作りは頑丈ではなさそうです。

収録当日に断線に気づき、修理できましたが、2時間位ロスしました。Podcastの収録をする場合、マイクケーブルは予備を用意したほうが良いと思いました。

この手のマイクはSHURE(シュア)が人気があるようです。この商品もSHUREのコピー品だと思われます。

マイクスタンド

マイクスタンド
Dream Chase 卓上マイクスタンド

Dream Chase 卓上マイクスタンド

何の変哲もないマイクスタンド 税込み1399円

マイクスタンドにはDream Chase 卓上マイクスタンドというものをアマゾンで選びました。税込み1399円でした。

Podcast収録にはマイクスタンドが必須

マイクスタンドのパッケージ
とくにときめきを感じさせないパッケージ

Podcastの収録方法を調べていると、マイクを手で持っていると、ノイズが入るという事がわかりました。

机に座って収録する予定でしたが、資料を見るためにも手でマイクを持つわけには行きません

こちらもコスト最重視で選びました。何の変哲もないマイクスタンドでしたが、問題はありませんでした。

底面が硬い

このマイクスタンドは、ベースプレートが金属でできていて、重量感があり、安定感もあります。

ただし、底面は金属がむき出しのため、硬い机の上だとノイズが伝わりやすい傾向があります。DIYでフェルト布等を貼り付けるのもありだと感じました。

机で収録するなら問題なし

机で収録するなら、このマイクスタンドで特に不都合は感じませんでした。高さ調節と角度調節もできました。

ヘッドホン

audio-technica ヘッドホン 音楽・映画観賞用 軽量 ATH-250AV
ヘッドホン audio-technica ATH-250AV

audio-technica ATH-250AV

音楽・映画鑑賞用ヘッドホン 税込み1427円(執筆時)

ヘッドホンはオーディオテクニカのATH-250AVというものを選びました。こちらもやはりコスト重視です。

音が聴こえれば良い

Podcastの収録には音漏れがせず、音が聞こえさえすれば、とりあえず目的を果たします。そういう意味ではこの商品は密閉型で、音漏れもほとんどしないので十分でした。

3.5㎜プラグ

ヘッドホン端子
ZOOM PADTRAK P4 ヘッドホンの接続部

ZOOM PADTRAK P4のヘッドホン接続部は3.5mmミニプラグですので、ここだけは必要でした。3.5mmミニプラグはヘッドホンでは一般的な規格なので、殆どのヘッドホンが当てはまります。

イヤーパッドは小さい

ヘッドホンの外観
ヘッドホン ATH-250AV

密閉型ですが、イヤーパッドは大きくありません。装着時は耳たぶの上から押さえつけるような形となります。しばらくつけていると耳たぶが痛くなりました。

包み込むものが欲しい

何度か収録を重ねると耳たぶの痛みは感じなくなりました。しかしイヤーパッドが耳たぶより大きく、耳たぶごと包んで頭に密着するヘッドホンもあるようなので、次はそういうものを買いたいです。

ポップガード

ポップガード外観
KC ポップガード ネット直径10cm POB-10S

KC ポップガード 10cm POB-10S

小型ポップガード1,473円

Podcastの収録の仕方を調べていると、マイクにポップガードをつけたほうが良いという情報がありました。

マイクに付ける網

ポップガードを装着したマイク
ポップガードを装着

ポップガードとはマイクの前に付ける網の事で、吐息のノイズを抑える効果があるそうです。それに加えて、マイクと口との距離を一定に保つ効果もあるそうです。

マイクとの一定の距離が重要

マイクで録音する際は、マイクと口との距離を一定に保つことが重要です。近づくと音が大きくなり、離れれば小さくなります。一定のボリュームで収録するためにも距離を保つ必要があります。

そのためにポップガードを装着し、唇が触れる距離で録音すれば距離が一定に保たれます。

とりあえず収録可能!

これで収録可能です

トータル価格

2人でPodcastの収録をするための機材(コスト重視)を計算します。価格は執筆時の参考価格です。

税込単価数量税込金額(税込)
ZOOM PodTrak P422,500円122,500円
マイク2,200円24,400円
マイクスタンド1,399円22,798円
ヘッドホン1,427円22,854円
ポップガード1,473円22,946円
合計35,498円
Podcast機材のトータル価格

合計35,498円

収録するための機材の費用は二人分トータルで35,498円でした。他にモバイルバッテリーやSDカードが必要ですが、これらはすでに持っているものを利用しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました