新型コロナ罹患しました⑤ 感染して感じた事と、ワクチンへの希望

未分類
この記事は約3分で読めます。

新型コロナ罹患しました④ 保険請求をお忘れるな!からの続き

新型コロナに罹患した場合の情報が少ない

健康観察の電話は入るが

今回新型コロナ感染症に罹患して感じたことがある。

コロナにかかってしまった場合の情報が少ないの

保健所から毎日電話がかかってきて、体温や体調を伝えていたので、一応の健康観察はされていた。

テレビで流れる新型コロナの情報は、「感染者数」「自宅療養中に亡くなった気の毒な人」「コロナ政策」などが多い。

軽症で自宅療養している人がどう過ごすべき等の情報はテレビでは流れてこない。

重症化したらどうなるのかわからない

現在のコロナ対応は、一部の大病院等に限られている。

いざ患者が重症化したら、それから受け入れ先や対応を考えるというのが現実だ。

悪化した場合に自分がどうなるのか見えないため非常に不安を覚えた。

ワクチンで自衛を

ワクチン予約していたがキャンセル

いしはらはコロナ陽性が判明した数日後にコロナワクチンの予約を入れていた。

陽性になってしまったため、ワクチンの予約はキャンセルし、ブログ執筆時は予防接種は出いていない。

医師によると、回復後一ヶ月位で接種できるとのことだったので、改めて予約を済ませた。

感染歴があると、高い抗体値を得られるという情報がある。

厚生労働省:新型コロナワクチンQ&A

ワクチンか淘汰か

ワクチンを過敏に恐れる声がある。

パンデミックの不安で、人々が何が正しく何が間違っているのかがわからなくなる事態が起きた。

一部の不安な人々は陰謀論のような大きな答えにすがってしまう。

天然痘、コレラ、ジフテリア等は大変恐ろしい病気だ。しかし人間はワクチンの力でこれらの病気に打ち勝ってきた。

ワクチン無しで迎える新型コロナ後の世界はどんな世界だろう。

新型コロナに強い人だけが生き残って、勝てない人は死んでしまった、淘汰の過程を踏んだ世界になる。

コロナに偶然強かった人」だけの世界になることが、人類の進化で新型コロナに打ち勝った世界と言える。。

その過程では我々自身や周りの多くの人が犠牲になる。

回復後、ワクチン接種で抗体が強くなる

医師によると、新型コロナに感染・発症した場合、回復後1ヶ月でワクチンを摂取すれば、通常よりも抗体が強くなる可能性があるとのことだった。

ワクチンだけでコロナ前と同じ世界は取り戻せないかもしれない。

しかし注射によらないワクチンや、より安全性の高いワクチン、新型コロナ用の飲み薬の開発等の情報が少しずつ入ってきている。

少しずつ前に進めると信じて、希望を持っていたい。格好いい締めになった

ポッドキャストでもこの情報をお伝えしている。暇な人は聞いて欲しい。

ともあれ皆さん、新型コロナにはご用心を

コメント

タイトルとURLをコピーしました